料理でレシピ写真をまとめるときのフォトブックの使い方

見開きで使うと良い

女性フォトブックをレシピに使用する際は、できるだけ見開きのデザインを考えましょう。片方のページには文字で説明を書き、さらにここで順に並べて写真をもう片方のページにプリントしていくと良いです。そうすることによってレシピのワンポイントや細かな工程をしっかりと記録しておくことができるでしょう。文字だけ、または写真だけでレシピを作ってしまうと工程などがわからなくなってしまうのです。いつもと違う調味料を使用した場合や、その他どのようなタイミングで考えたレシピなのかもページに記載しておくと良いですね。

フォトブックのデザインは、様々なテンプレートから選ぶことができます。そのため写真については大きなもの、そして小さなもの、とわかりやすく配置していきましょう。見開きでこのようなレシピを作ることで、ページをめくりながら料理をする必要がなくなりますよ。また写真のページは写真が少なく隙間が開いてしまうようであれば、作ってみた感想や食べた後、家族からの感想などは記録しておくのも良いでしょう。おかずのみ、スイーツのみなど、ジャンル分けをしながらレシピをフォトブックにまとめるのも一つのアイデアになるでしょう。お誕生日ケーキやバレンタインのスイーツなどジャンル分けをしておくと、毎年新しいレシピを考える際にもかぶってしまうことがなくなり次のレシピを考えやすくなりますね。


最初のページは目次が見やすい
Previous post
レシピをフォトブックに
Next post